何を食べないかより何を食べるか

ニューヨークに在住し、アヌサラヨガを続けるヨガの先生。
住む場所が変われば食も違うのか。
海外の食事情を先生に伺った。

「アメリカに移住した1987年ごろにはすでにヘルシー嗜好が高まっていて、そのころに肉から遠ざかり始め、10年ほど前から取らなくなりました。きっかけは食肉用の牛や鶏の飼育環境の記事を読み、衝撃を受けたから。意識ある命が人間の食ビジネスの為に犠牲になっている状況に疑問を感じたんです」

以前から職の意識が高かった先生は、自分の成長過程での食の変化は自然な流れだったと振り返る。
また、食文化が多様なアメリカでは、個人の食のスタイルは守られているように感じると話してくれた。

「食べたいものを選択して食べるだけ。外食が多いので、食材は選べても質なども含めてすべて管理するのは難しい。だから自分で決めたルールに追いつめられないようにしているんです」

先生のルールは食べられる以上のものを注文しないこと。
そして、食べ物に気(プラーナ)を感じないものは口にしないこと。
だが、愛情のこもった料理は時に食べ物の種類や質、自分のルールを超えることもあるという。

食にもヨガにも、そして自分に対しても共通して愛情を持ち、きちんとした考えを持っているからこそ、ヨガのクラスも愛と笑顔があふれているのかもしれない。