食事もヨガも自由に柔軟に楽しむ

アディヨガを教える先生のバッグの中には、自分の体を知ったからこそ見つけられた、こだわりのアイテムがたくさん入っている。
ポーチに入れていつも持ち歩いているのは、試験管のような容器に入った薬草粉二種。

一つは、強い抗酸化作用や解毒効果があるトリファラ。
そして、リコリスやアシュワガンダ、ピパリなどを使ったオリジナルブレンド。

これらの必須アイテムは、ドーシャを正常化するのに効果的。
タイミングを見つけては、外出先のカフェでミルクや湯に溶かして飲む。
アーユルヴェーダの知恵を現代に生かしたアレンジは、外出が多く食事のコントロールが難しい先生ならでは。

「食事って、例えば服を選ぶのと同じように自分でセレクトできるものなんですよね。何になりたいか、どうなりたいかによって、自身でデザインできる楽しみがあるものだと思うんです。その積み重ねで、楽しくもなるしつまらなくもなる。健康にもなるし、病気にもなるんです」

そう語る先生には、食べることを重視するからこそ、試行錯誤を繰り返してきた過去がある。
焼き肉やダイエットコーラ、タバコなどを多く取っていた学生時代には、摂食障害や精神的な病気も経験した。
「なんとか元気になりたい!」と一念発起して、玄米菜食やヨガを始めた。

カリフォルニアのベジタリアン文化を大いに満喫した時期もあったし、日本の外食では食べられるものがないほど菜食にこだわった時期もあった。
それからアーユルヴェーダを学び、自由度の高いライフスタイルのアドバイスを受け、お肉やお魚など何でも食べるようになり、冷え性や便秘などの症状も改善された。

「食事の主義に乗っ取られるのではなく、自由に柔軟に楽しむ。そのスタンスを持つようになって、食事もヨガも緩く柔かに気持ちよく感じられるようになりました」

カロリーやビタミンなどの栄養素はもちろん大切だが、ヨガを深めるにつれ、そこでは図れないエネルギーに命が動かされていることを感じるという。
命を補うように自由に食べるのが、先生のスタイルだ。